コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港則法 こうそくほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

港則法
こうそくほう

昭和 23年法律 174号。港内における船舶交通の安全および内の整頓をはかることを目的とする法律。この法律の適用される港とその区域は法定されている。入出港および停泊航路および航法危険物,水路の保全,灯火などについて定める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうそくほう【港則法】

港内における船舶交通の安全と整頓を図ることを目的として制定された法律(1948公布)。本法制定以前に存在した旧開港港則(1898年公布の勅令)が,開港のみを対象とし,また関税や検疫事務に関する規定を含んでいたのに対して,本法は,その内容を交通警察的見地からの規定に純化するとともに,その適用対象を開港以外の港も含め港一般に拡張した。適用対象となる港およびその区域は政令(港則法施行令)によって定められることとされており,1997年現在その数は500余港となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

港則法
こうそくほう

港内における船舶交通の安全および港内の整とんを図ることを目的とした法律。昭和23年法律第174号。入出港の届出や停泊区域、航路および航法、危険物を積んだ船舶、水路の保全、船灯および信号などについて規定している。この法律の適用を受ける港およびその区域は、政令で定められている。港の区域は、かつて港域といっていたが、その具体的な区域は、港則法施行令で定め、港の区域内における船舶の交通等に関し、特別の行政的監督を通じて、港内の安全と整とんを図っている。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

港則法の関連キーワード海上交通センター海難救助船舶通信関門海峡外航船公害罪京浜港海難

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

港則法の関連情報