人らしい(読み)ひとらしい

精選版 日本国語大辞典「人らしい」の解説

ひと‐らし・い【人らしい】

〘形口〙 ひとらし 〘形シク〙 (「らしい」は接尾語)
① いかにも人間であるといったさまである。人間らしい。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
※俳諧・談林十百韻(1675)下「ゆがみをなほす棒は真二つ〈松意〉 人らしき心もたずばもたせうぞ〈正友〉」
② 分別のある一人前の大人、常識人であるといったさまである。また、相当の人らしい。
※史記抄(1477)四「かかる時分に諸侯に人らしい人があらば秦に天下をば取られまいものをぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人らしい」の解説

ひと‐らし・い【人らしい】

[形][文]ひとら・し[シク]人間らしい。人としてふさわしい。「―・い感情をもち合わせない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android