情合(読み)じょうあい

精選版 日本国語大辞典「情合」の解説

じょう‐あい ジャウあひ【情合】

〘名〙 人情のぐあい。愛情のありよう。また、思いやりや愛
※随筆・文会雑記(1782)三「民の情合をも知らずして、人を治めんと思は、にがにがしきこと也と語られき」
怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉一一「あの位な情合(ジャウアヒ)のある男はないと私は実に感心をして居ります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「情合」の解説

じょう‐あい〔ジャウあひ〕【情合(い)】

思いやりや愛情。
「兄の声の中に何時にない—を感じました」〈芥川
[類語]愛情愛着情けじょう情愛情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁恵仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情人らしい人間臭い人間的人間味人間らしい人間性ヒューマニティーヒューマニスティック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android