コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思い遣り オモイヤリ

デジタル大辞泉の解説

おもい‐やり〔おもひ‐〕【思い遣り】

他人の身の上や心情に心を配ること。また、その気持ち。同情。「思い遣りのある処置」「病人に対する思い遣りがない」
想像。推察。
「奥山の―だに悲しきにまたあま雲のかかるなになり」〈かげろふ・上〉
思慮。分別。
「ことに責むれば、若き人の―少なきにや」〈堤・花桜をる少将

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいやり【思い遣り】

その人の身になって考えること。察して気遣うこと。同情。 「 -のない仕打ち」
遠くから思うこと。想像。推量。 「 -異なることなき閨のうちに/源氏 帚木
思いめぐらすこと。思慮。考え。 「いにしへのすきは、-少なきほどのあやまちに/源氏 薄雲

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思い遣りの関連キーワード花桜源氏帚木

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思い遣りの関連情報