コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷門 かみなりもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷門
かみなりもん

東京都台東区東部,浅草にある地区。聖観音宗総本山,金竜山浅草寺門前町で,風神・雷神像をまつる浅草寺の風雷神門からその名が起った。山門から雷門までの両側が仲見世商店街で,下町情緒豊かな商品などを並べ,年中にぎわう。仲見世は元禄年間 (1688~1704) に始り,特に享保年間 (16~36) に繁栄したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雷門【かみなりもん】

東京都台東区,浅草(せんそう)寺の南の総門とその周辺の地名。名称は門の左右に配された雷神,風神像により,雷神門ともいった。1865年焼失,1960年再建。雷門から仁王門までの参道は,仲見世と呼ばれる門前商店街である。
→関連項目浅草

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かみなりもん【雷門】

東京都台東区の地名。浅草寺せんそうじの風神・雷神の像をまつる風雷神門(雷門)の南側の街区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雷門の言及

【浅草】より

…23年の関東大震災後,浅草は一時衰微したが,27年には日本最初の地下鉄が上野~浅草間に開通し,31年に東武鉄道が現在の浅草駅に乗り入れるようになって交通の便もよくなり,再びにぎわいをみせた。第2次世界大戦中の東京大空襲によって浅草もほぼ壊滅したが,まもなく復興し,台東区内では上野に次ぐ繁華街となり,雷門や五重塔も再建された。高度経済成長期以降は新宿,渋谷,池袋の副都心の発展に比べて,大型デパートが一つだけという浅草の相対的地位は低下している。…

※「雷門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雷門の関連キーワード古今亭 志ん生(4代目)三遊亭 円遊(4代目)翁家 さん馬(8代目)古今亭志ん生(4世)古今亭志ん生(3代)雷門 助六(6代目)古今亭志ん生(3世)桂 枝太郎(2代目)雷門 助六(5代目)古今亭志ん生(4代)雷門 助六(8代目)三遊亭円遊(6代)亭号(ていごう)桂枝太郎(2代)雷門助六(8代)三遊亭 志ん蔵三遊亭 小円歌碁太平記白石噺KSKアルパ東京都台東区

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雷門の関連情報