コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間詞話 じんかんしわRen-jian ci-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間詞話
じんかんしわ
Ren-jian ci-hua

中国のの評論書。清末民国初の王国維の著。2巻。上巻は光緒 34 (1908) 年『国粋学報』に連載されたもので,下巻は死後,詞に関する遺文をまとめたもの。人の真心から発する詩情が格調高い名句を生むとし,それが作品に表われたものを「境界」と名づけた。五代,北宋の詞を高く評価し,五代の李 煜 (りいく) ,馮延巳 (ふうえんし) ,北宋の欧陽修蘇軾,秦観,周邦彦らをこの境地に達したとみる。伝統的な詞話の形式を用いているが,従来の文学観からは軽視されてきた詞の芸術的価値を,西洋の芸術理論をもとにした緻密で鋭い批評によって解明,再評価したもので,中国における近代的文学評論さきがけとなり広い影響を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間詞話
じんかんしわ

中国、王国維(おうこくい/ワンクオウェイ)の詞(し)(詩余あるいは填詞(てんし)ともよぶ)に関する評論。「詞は境界を以(もっ)て最上となす。境界があればおのずから高い格調をなし、名句も生まれる」という「境界」の説にたって唐以来歴代の詞を論じたもので、詩人の鋭い直覚と豊かな感性のうえに、西洋近代の美学と伝統的詞論を融合した希有(けう)の詩論であり、中国の近代文芸批評の先駆的業績といえよう。1908~09年に『国粋学報』に連載。26年に単行本。28年に未刊稿を加えて上下二巻本が編まれ、39年に補遺を加えて開明書店から刊行された。[伊藤虎丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android