コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間詞話 じんかんしわ Ren-jian ci-hua

2件 の用語解説(人間詞話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間詞話
じんかんしわ
Ren-jian ci-hua

中国のの評論書。清末民国初の王国維の著。2巻。上巻は光緒 34 (1908) 年『国粋学報』に連載されたもので,下巻は死後,詞に関する遺文をまとめたもの。人の真心から発する詩情が格調高い名句を生むとし,それが作品に表われたものを「境界」と名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間詞話
じんかんしわ

中国、王国維(おうこくい/ワンクオウェイ)の詞(し)(詩余あるいは填詞(てんし)ともよぶ)に関する評論。「詞は境界を以(もっ)て最上となす。境界があればおのずから高い格調をなし、名句も生まれる」という「境界」の説にたって唐以来歴代の詞を論じたもので、詩人の鋭い直覚と豊かな感性のうえに、西洋近代の美学と伝統的詞論を融合した希有(けう)の詩論であり、中国の近代文芸批評の先駆的業績といえよう。1908~09年に『国粋学報』に連載。26年に単行本。28年に未刊稿を加えて上下二巻本が編まれ、39年に補遺を加えて開明書店から刊行された。[伊藤虎丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間詞話の関連キーワード于右任王国維紫家七論明夷待訪録廖平復旦大学イフェ王国佐藤武敏孽海花中華民国維新政府

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone