コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野塚喜平次 おのづかきへいじ

7件 の用語解説(小野塚喜平次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小野塚喜平次
おのづかきへいじ

[生]明治3(1870).12.21. 新潟
[没]1944.11.27. 東京
政治学者。日本における政治学の開拓者。東京大学卒業後,ヨーロッパに留学。 1901年帰国後,東京大学で日本最初の政治学講座専任教授となる。日露戦争開戦に大きな役割を果した七博士事件,戸水 (とみず) 事件ののち,研究に没頭,のち同大学総長となり大学行政においても重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おのづか‐きへいじ〔をのづか‐〕【小野塚喜平次】

[1870~1944]政治学者。新潟の生まれ。東大総長。日本における近代政治学の基礎を築いた。著「政治学大綱」「現代政治の諸研究」「現代欧州之憲政」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小野塚喜平次【おのづかきへいじ】

政治学者。新潟県生れ。東大卒。1901年東大で日本初の政治学講座専任教授となる。政治学を国家学から独立させ,日本の近代政治学の基礎を築く。1928年―1934年東大総長として大学行政に大きな役割を果たした。
→関連項目社会政策学会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野塚喜平次 おのづか-きへいじ

1871*-1944 明治-昭和時代前期の政治学者。
明治3年12月21日生まれ。34年母校東京帝大の教授となり,日本最初の政治学講座を担当。「政治学大綱」で政治学の国家学からの独立を意図した。対露強硬外交をとなえた七博士のひとり。学士院会員。昭和3年東京帝大総長。昭和19年11月26日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。著作に「現代政治の諸研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おのづかきへいじ【小野塚喜平次】

1870‐1944(明治3‐昭和19)
日本における政治学の創始者。新潟県長岡に生まれる。1895年帝国大学法科大学を卒業し,大学院に進む。1897‐1901年ヨーロッパに留学,帰朝後,母校で日本最初の政治学講座の専任教授となる。《政治学大綱》(1903)において,政治学とは〈国家ノ事実的説明ヲアタヘ其政策ノ基礎ヲ論スル学〉であると規定し,国家学からの独立を宣した。03年,対露強硬外交の意見書を桂太郎首相に提出したことによって起こった,七博士建白事件では〈大学の独立と研究の自由〉を守るべく抗議した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おのづかきへいじ【小野塚喜平次】

1870~1944) 政治学者。新潟県生まれ。東大の初代政治学教授。のちに東大総長。日本の近代政治学の開拓者。著「政治学大綱」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小野塚喜平次
おのづかきへいじ
(1870―1944)

政治学者。新潟県に生まれる。1895年(明治28)帝国大学法科大学卒業。1897~1901年ヨーロッパ留学。帰国して同大政治学講座初代担当教授。日露戦争直前、対露強硬外交を主張する「七教授建議書」に参加(1903)、七教授のなかの最強硬論者戸水(とみず)教授休職処分に、大学の自治を主張して反対(1905)。1917年(大正6)学士院会員、18~19年法科大学長(法学部長)、25年貴族院議員、28年(昭和3)総長代理、同年より34年まで総長。在任中、左翼の新人会解散、右翼の七生社戒告(1928)、陸軍配属将校増員事件(1933)などの処理にあたった。政治学者としては『政治学大綱』上下2巻(1903)により、明治初年以来国家学に従属してきた政治学を、政治における特殊現象としての政策に注目することによって学問的に独立させることを意図し、日本における近代政治学の第一歩を踏み出した。また『現代欧州立憲政況一斑(せいきょういっぱん)』(1908)、『現代欧州之憲政』(1913)、『欧州現代政治及学説論集』(1916)、『現代政治の諸研究』(1926)などで、欧州立憲政の動向を研究し、その大勢が衆民政(民主主義)、国家権力の拡大、ナショナリズムなどに向かっていることを示した。弟子に吉野作造、南原繁(しげる)などがある。[半澤孝麿]
『南原繁・蝋山政道・矢部貞治著『小野塚喜平次 人と業績』(1963・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野塚喜平次の関連キーワード新潟県長岡市曙新潟県長岡市朝日新潟県長岡市浦新潟県長岡市寿新潟県長岡市千秋新潟県長岡市宝新潟県長岡市中新潟県長岡市中之島新潟県長岡市錦蠟山政道

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小野塚喜平次の関連情報