コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今池 いまいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今池
いまいけ

名古屋市千種区の一地区。地名の由来は,大正年間にこの地にあった灌漑用ため池のまわりを一周する競馬が行われて馬池と呼ばれたことによる。 1912年に笹島-覚王山間に名古屋電鉄,今池-八事 (やごと) 間に尾張電軌が開通して乗換え地点となった。当時は一面畑で2,3の紡績工場と数軒の店があったにすぎなかったが,第2次世界大戦後,闇市から始った店舗が定着し,各種商店や映画館,飲食店の並ぶ歓楽街となった。現在は名古屋市中心部の栄町から東へ 5kmの地点にあり,いわゆる副都心を形成しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕今池(いまいけ)


名古屋市千種(ちくさ)区の繁華街。商店・娯楽施設・大型スーパーなどがある。大正期までは名古屋市東郊の農村だったが、同市の市街地拡大とともに都市化。第二次大戦後、今池交差点付近にあった闇(やみ)市を基礎に繁華街へと発展。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今池
いまいけ

愛知県名古屋市千種(ちくさ)区にある繁華街。地下鉄東山線と桜通線の今池駅がある。現在、今池中学校のある位置に水田灌漑(かんがい)池があり、大正時代には周辺で草競馬も行われたので馬池とよばれた。今池は馬池からの転訛(てんか)といわれる。1912年(大正1)名古屋電鉄、尾張電軌(おわりでんき)の乗換駅となったころは一面が畑で二、三の紡績工場があっただけであるが、名古屋市の都市化の東進で、八事(やごと)丘陵周辺の住宅地帯化が進むなか、都心との間の今池に商店街や盛り場もでき、副都心の一つになった。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今池の関連キーワード愛知県名古屋市千種区今池日本インフォメーション愛知県名古屋市千種区名古屋シネマテークフジクリーン工業吉田岩窟王事件名古屋(市)ジーフット中宮寺跡今池町農村

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今池の関連情報