コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比和 ひわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比和
ひわ

広島県北東部,庄原市北部の旧町域。島根県境,中国山地比婆山の南斜面にある。 1933年町制。 2005年庄原市,総領町,西城町,東城町,口和町,高野町の1市5町と合体して庄原市となった。大部分は山地で,県内屈指の積雪地帯である。米作,畜産,林業のほか,ワサビ,シイタケなどの栽培も行なわれる。黒毛和牛の発祥地として知られる。重要文化財の荒木家住宅があり,比婆山のブナ純林は国指定天然記念物。一帯は比婆道後帝釈国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比和
ひわ

広島県北東部、比婆(ひば)郡にあった旧町名(比和町(ちょう))。現在は庄原(しょうばら)市の一地区。中国山地、比和川流域にある。1890年(明治23)森脇(もりわき)、三河内(みつがいち)、比和、古頃(こごろ)、木屋原(きやばら)の5村が合併して比和村となり、1933年(昭和8)町制施行。2005年(平成17)比和町は庄原市に合併。国道432号が通じる。山林が全面積の約90%を占め、農林業が主体で役肉牛の比婆牛飼育も行われる。江戸時代はたたら製鉄が盛んで、中心地区の比和は出雲(いずも)へ通じる街道の宿場であった。吾妻(あづま)山、烏帽子(えぼし)山などは比婆道後帝釈(たいしゃく)国定公園域でハイカーも多い。近世初期の社家住宅荒木家は国指定重要文化財。神楽(かぐら)と供養田植は県指定無形民俗文化財。[北川建次]
『『比和町誌』(1980・比和町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

比和の関連キーワード吾妻山(島根・広島県境)岩倉六右衛門広島県庄原市口和[町]小田 慈舟庄原(市)比和[町]総領[町]湯川 仁高野町湯川仁変通星通変星

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比和の関連情報