栄町(読み)さかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「栄町」の解説

栄〔町〕
さかえ

千葉県北部,利根川沿岸低地から下総台地北部にいたる町。 1955年安食 (あじき) ,布鎌 (ふかま) の2村が合体して町制。中心地区の安食はかつて利根川水運時代の宿場町として栄えた。米作が主産業であるが,イチゴ,トマトなどの施設野菜の栽培も行われる。史跡の竜角寺境内の塔跡や岩屋 (いわや) 古墳があり,一帯は房総風土記の丘公園となっている。南部の印旛沼北岸一帯は印旛手賀県立自然公園に属する。 JR成田線が通る。面積 32.51km2。人口 2万1228(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android