コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介立 カイリツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐りつ【介立】

[名](スル)
二つのものの間に挟まって存在すること。
「その間に―する僕らの階級は」〈蘆花思出の記
他の助けを借りずに、自分一人の力で物事をなすこと。
「彼はよく自由によく独立に…無窮の天地に―して」〈独歩・空知川の岸辺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいりつ【介立】

( 名 ) スル
二つのものの間に位置すること。 「其間に-する僕等の階級は/思出の記 蘆花
自分一人の力で物事をなすこと。ひとりだち。 「只だ独々乎、天地の間に俯仰-する/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

介立の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁俯仰

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介立の関連情報