コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付加価値生産性 ふかかちせいさんせいproductivity of value added

3件 の用語解説(付加価値生産性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付加価値生産性
ふかかちせいさんせい
productivity of value added

労働,資本などの生産過程に投入された生産要素1単位が一定期間 (通常1年) に生み出した付加価値。各企業が生産において新たにつけ加えた価値で,それの国全体の合計が国民総生産 GNPまたは国民純生産 (NNP=GNP-減価償却費) である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流通用語辞典の解説

付加価値生産性

付加価値は企業活動(生産、販売)の家庭で新たに加えられた価値をいう。売上高から原料費(仕入れ原価)と減価償却費を引いたもので、人件費、利子、利潤の合計に等しい。付加価値生産性は労働者の1人当たり付加価値額である。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
流通用語辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふかかちせいさんせい【付加価値生産性 productivity of added value】

投入に対する付加価値の比率である。付加価値とは企業がその経営活動を通じて新しく生産した価値であり,換言すれば,企業が一定期間に生産した価値からその生産のために他から受け入れて消費した中間生産物の価値を差し引いたものである。付加価値生産性には投入の内容により労働生産性資本生産性,設備生産性など各種のものがある。しかし,付加価値を生産する最も重要な要素は労働であるから,労働生産性が最も基本的な指標とされ,これによって付加価値生産性を代表させることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の付加価値生産性の言及

【労働生産性】より

…生産額から原材料費や燃料動力費等の中間的投入を控除すると,付加価値が得られる。それの労働投入量に対する比率を,付加価値生産性と呼ぶ。付加価値は賃金,地代,利子・利潤として,生産に参加した諸要素の所得となるので,分配問題と関連づけて労働生産性を議論するときは,付加価値生産性を用いるのがよい。…

※「付加価値生産性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone