コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代償請求権 だいしょうせいきゅうけん

1件 の用語解説(代償請求権の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいしょうせいきゅうけん【代償請求権】

たとえば,債務の目的物を第三者が滅失または毀損せしめたため,債務の履行不能を生ずると同時に債務者が第三者に対する損害賠償請求権を取得したり保険金請求権を取得した場合,あるいは売買の目的たる土地が公用徴収されたため,売主が補償金請求権を取得した場合のように,履行不能を生ぜしめたのと同一の原因によって債務者が履行の目的物の代償となる利益を取得した場合には,債権者はその代償の譲渡を請求しうると考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

代償請求権の関連キーワード持参債務代替執行同時履行の抗弁権債務保証送付債務第三者執行取立委任免責行為たとえば、愛(契約の)失効

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone