コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮性クループ カセイクループ

4件 の用語解説(仮性クループの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かせい‐クループ【仮性クループ】

ジフテリア以外の原因で起こるクループ。喉頭(こうとう)の組織が未発達の幼児にみられ、ウイルスの感染などによって声帯下の粘膜が腫(は)れ、喘鳴(ぜんめい)・かすれ声・呼吸困難などの症状を呈する。声門下喉頭炎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仮性クループ【かせいクループ】

急性声門下喉頭炎とも。声門下粘膜が急に強い浮腫や腫脹をきたしたもので,1〜5歳の幼児に起こることが多い。ウイルスや細菌の感染によって起こるが,アレルギーが原因となることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かせいクループ【仮性クループ】

ウイルスの感染により、声門下の粘膜が急に腫れて起こる、喘鳴ぜんめい・しわがれ声などの症状。幼児がなりやすい。声門下喉頭炎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮性クループ
かせいくるーぷ

ジフテリア性のクループで、呼吸のたびにゼーゼーまたはヒューヒューといった呼吸音を伴い、イヌがほえるような咳(せき)をし、声がかれ、呼吸困難が強まってくる症状をクループという。かつてはジフテリア性のものを真性クループ、非ジフテリア性のものを仮性クループとよんで区別したが、最近ジフテリアが激減したことから、一つの症候群として扱うようになってきた。[坂上正道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仮性クループの言及

【クループ】より

…子どもの喉頭閉塞による呼吸困難や咳,喘鳴(ぜんめい),嗄声(させい)(しわがれ声)などの症状をさす。しかし慣用的には,これらの症状を呈する疾患名として,古くはジフテリアを,現在では急性喉頭気管気管支炎をさし,さらに広義には,喉頭の急性閉塞性病変の総称ともされて,仮性クループや異物の吸入,急性喉頭蓋炎などを含むこともある。古くスコットランドで〈しわがれ声で泣くこと〉〈カラスやカエルが鳴くこと〉などの意味で使われていたこの語を,1795年にエジンバラの医師ホームFrancis Homeが医学用語として用いたことから,症状名として用いられるようになった。…

※「仮性クループ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仮性クループの関連キーワードジフテリア菌多尿ジフテリア血清ジフテリア性結膜炎二次性頭痛不正出血高アンモニア血症食道無ぜん(蠕)動中毒症やせ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone