コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤伝七(10代) いとう でんしち

2件 の用語解説(伊藤伝七(10代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤伝七(10代) いとう-でんしち

1852-1924 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)5年6月24日生まれ。9代伊藤伝七の長男。堺紡績所で研修。明治13年父らとともに郷里三重県に三重紡績所をおこし,渋沢栄一の支援をえて業務を拡張。大正3年大阪紡績と合併して東洋紡績(現東洋紡)を設立し,副社長,のち社長。貴族院議員。大正13年8月12日死去。73歳。前名は伝一郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤伝七(10代)

没年:大正13.8.12(1924)
生年:嘉永5(1852)
明治大正期の企業家。伊勢国三重郡室山村(四日市市)の酒造家に生まれる。母は進士みす。幼名清太郎,元服して伝一郎。父の死後伝七(10代)を襲名した。父の9代伝七と5代伊藤小左衛門とは従兄弟であった。伝七(10代)は,幼時から俊英の誉れが高く20歳で副戸長に就任したあと,伊藤小左衛門から紡績業を勧められ,明治10(1877)年26歳のとき官営堺紡績所に見習いとして入り,紡績技術を習得した。13年政府が殖産興業の一環として実施した輸入紡績機械払い下げを受け,水力を動力とする三重紡績所を三重県川島村(四日市市)に創設した。しかし技術と動力の不足から経営困難に陥っていたところ,三重県令の紹介で渋沢栄一の知遇を受け,資金と技術者の斡旋を得,19年四日市で近代的技術と株式会社組織の三重紡績会社を設立。同社は日清戦争中の旺盛な需要に恵まれ利益を蓄積し,30年代には三重県と愛知県下の紡績会社を次々と合併し日本屈指の紡績会社となった。大正3(1914)年三重紡績を渋沢栄一と関係の深かった大阪紡績と合併させて東洋紡績を設立し,5年から9年まで社長を務めた。その傍ら,明治大正期の四日市の企業勃興に際し,多く新設企業に投資し,また四日市商工会議所副会頭,貴族院議員を歴任。人間関係と時流の双方に恵まれた刻苦勉励の人であった。<参考文献>絹川太一編『伊藤伝七翁』

(桜谷勝美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤伝七(10代)の関連キーワード競争志向の企業大河内企業家伊勢白粉伊藤小左衛門(5代)宇佐美祐次牛場卓蔵海野謙次郎日置益伊勢娘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone