コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊集院五郎 いじゅういん ごろう

2件 の用語解説(伊集院五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊集院五郎 いじゅういん-ごろう

1852-1921 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)5年9月28日生まれ。台湾出兵,西南戦争に従軍後,イギリス海軍大学校を卒業。日清(にっしん)戦争では海軍参謀をつとめる。明治33年砲弾の起爆装置である信管を改良し,日露戦争でその威力が発揮された。41年第一艦隊司令長官となり,休日なしの「月月火水木金金」の猛訓練をおこなう。大正6年元帥。男爵。大正10年1月13日死去。70歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊集院五郎

没年:大正10.1.13(1921)
生年:嘉永5.9.28(1852.11.9)
明治大正期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士伊集院才之丞の長男。鹿児島生まれ。戊辰戦争では関東,東北地方を転戦した。明治4(1871)年に海軍兵学寮に入学。在校中,台湾出兵,西南戦争(1877)に出征。イギリスの海軍兵学校および海軍大学校を卒業。イギリスから海軍戦略などの導入を行った。その後,主に軍令系要職を歴任,海軍軍令部に勤務し日清戦争(1894~95)では大本営海軍部参謀,日露戦争(1904~05)では海軍軍令部次長として活躍した。日露戦争前の明治33年には伊集院信管を発明,日本海海戦ではその威力を発揮した。日露戦争後,第1および第2艦隊司令長官として「月月火水木金金」として有名な猛訓練を行った。明治40年男爵。42年海軍軍令部長に就任,翌年大将。大正6(1917)年戦場に参加せずに異例の元帥となる。

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊集院五郎の関連キーワード伊集院兼寛肝付兼行伊集院俊児島惣次郎実吉安純鮫島重雄野間口兼雄野元綱明原田宗介平野勇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone