伊集院静(読み)イジュウインシズカ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊集院静 いじゅういん-しずか

1950- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和25年2月9日生まれ。広告代理店にはいる。2年後フリーとなり,CMディレクター,コンサートの演出,作詩などに活躍。昭和63年から文筆に専念し,平成3年「乳房」で吉川英治文学新人賞,4年「受け月」で直木賞,14年「ごろごろ」で吉川英治文学賞。現代の男女の世界をえがいて定評がある。27年「ノボさん 小説 正岡子規夏目漱石」で司馬遼太郎賞。山口県出身。立大卒。本名は西山忠来(ただき)。作品はほかに「機関車先生」「羊の目」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊集院静の関連情報