コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊集院静 イジュウインシズカ

2件 の用語解説(伊集院静の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いじゅういん‐しずか〔イジフヰンしづか〕【伊集院静】

[1950~ ]小説家。山口の生まれ。本名、西山忠来(ただき)。広告代理店ヒットCMを連発し、脚光を浴びる。流行歌の作詞家としても活躍。「受け月」で直木賞受賞。他に「乳房」「機関車先生」「三年坂」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊集院静 いじゅういん-しずか

1950- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和25年2月9日生まれ。広告代理店にはいる。2年後フリーとなり,CMディレクター,コンサートの演出,作詩などに活躍。昭和63年から文筆に専念し,平成3年「乳房」で吉川英治文学新人賞,4年「受け月」で直木賞,14年「ごろごろ」で吉川英治文学賞。現代の男女の世界をえがいて定評がある。27年「ノボさん 小説 正岡子規夏目漱石」で司馬遼太郎賞。山口県出身。立大卒。本名は西山忠来(ただき)。作品はほかに「機関車先生」「羊の目」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊集院静の関連キーワード赤江瀑阿部牧郎重兼芳子藤田宜永三田誠広矢作俊彦石和鷹稲見一良広瀬仁紀森詠

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊集院静の関連情報