コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津藩家世実紀 あいづはんかせいじっき

百科事典マイペディアの解説

会津藩家世実紀【あいづはんかせいじっき】

会津藩に関する編年体の記録。首巻を加え278巻。1815年成立。1631年から1806年までの藩の行財政から民衆の生活に至るまでが,広く収集した旧記類をもとに記述されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいづはんかせいじっき【会津藩家世実紀】

会津藩初代藩主保科正之から7代藩主容衆(かたひろ)に至る歴代の正史。藩の編集方役場が4年を費やし1815年(文化12)に完成。277巻。広く旧記類を集め参考としているので,藩の行政,財政,民政等はもちろんのこと,村々のできごと,人々の生活に至るまで記述されており,藩政全般を知りうる唯一の史料である。全15巻として刊行中。【丸井 佳寿子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android