コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低ナトリウム血症 ていナトリウムけっしょう hyponatremia

4件 の用語解説(低ナトリウム血症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低ナトリウム血症
ていナトリウムけっしょう
hyponatremia

血清中のナトリウム濃度が正常値 (130mEq/l) 以下になった状態。次のような場合にみられる。 (1) 体内総ナトリウム量が増加または正常で,水の過剰を伴っている場合 ネフローゼ症候群肝硬変心不全など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていナトリウム‐けっしょう〔‐ケツシヤウ〕【低ナトリウム血症】

血液中のナトリウム濃度が正常値を超えて低下した状態。下痢・嘔吐・発汗過剰、あるいは慢性腎不全などの腎疾患で水分とともにナトリウムが失われた後、水分だけ補給した場合などに起こる。血漿浸透圧が低下し、悪化すると脳浮腫をきたし、嘔吐・頭痛・痙攣・昏睡などを起こすことがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

低ナトリウム血症

 →低ナトリウム血

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

低ナトリウム血症
ていなとりうむけっしょう

血液中のナトリウム濃度が低下している状態。具体的には血清ナトリウムイオン濃度が1リットル当り135ミリグラム当量以下の場合をさす。ナトリウムそのものが失われるナトリウム欠乏による場合のほか、体内のナトリウムの総量に比べて水分が過剰となる場合におこり、水分の過剰摂取や抗利尿ホルモンADHantidiuretic hormone)分泌異常症候群などが原因となる。低ナトリウム血症が急におこると血清浸透圧が低下するため、圧を一定に保とうとして水分が血液から細胞内に流れ込み、細胞内浮腫(ふしゅ)が生じる。これが脳内でおこると脳浮腫から脳症を生じ、けいれんのほか意識レベルの低下、さらには呼吸抑制などの症状を伴う。頭痛や吐き気・嘔吐(おうと)、食欲不振、また筋力低下などの症状のほか、重症になると人格変化や傾眠傾向あるいは昏迷(こんめい)および錯乱、さらに昏睡から死に至る場合もある。症状の程度は、血清ナトリウムイオン濃度の値や低ナトリウム血症が緩徐に進行するものか、また急激なものかによっても左右される。
 治療はナトリウム摂取や水分制限などが考えられるが、急激なナトリウム補正は橋中心部の脱髄(だつずい)(浸透圧性脱髄症候群)を引き起こすこともあるので注意が必要である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低ナトリウム血症の関連キーワード高ナトリウム血症高ナトリウム血症脱水ナトリウムアルコキシドナトリウム炎食塩計低カリウム血低カルシウム血低ナトリウム血低マグネシウム血高圧ナトリウムランプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低ナトリウム血症の関連情報