コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡狐 サドギツネ

デジタル大辞泉の解説

さどぎつね【佐渡狐】

狂言。佐渡越後の百姓が、年貢上納の途中に道連れとなり、佐渡に狐がいるかいないかの口論から帯刀をかけての争いになる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さどぎつね【佐渡狐】

狂言の曲名。脇狂言,百姓物。年貢を納めに上京する越後の百姓と佐渡の百姓が道づれになる。越後の百姓が〈佐渡には狐がいないであろう〉というと,佐渡の百姓は〈狐は沢山いる〉と言い張り,刀を賭ける。実は佐渡に狐はいないので,狐を知らない佐渡の百姓は都に着くと領主の館の奏者(取次ぎの役人)に賄賂をつかい,狐の姿形を教わっておく。両人はそろって奏者の前に出,裁断を仰ぐと奏者は〈佐渡に狐はいる〉と答える。越後の百姓は驚いて狐の姿形を問う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さどぎつね【佐渡狐】

狂言の一。佐渡と越後の百姓が、佐渡に狐がいるかいないかを論争し、刀を賭ける。佐渡の百姓は裁定者に贈賄して賭けに勝つが、最後に狐の鳴き声を尋ねられて、ごまかしを見破られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡狐
さどぎつね

狂言の曲名。脇(わき)狂言・百姓物(ひゃくしょうもの)。在京領主のもとへ年貢を持って上洛(じょうらく)する越後(えちご)の百姓と佐渡の百姓(シテ)とが道連れになり、佐渡に狐がいる・いないを論じて双方譲らない。そこで、互いの刀を賭(か)けて真偽の判定を都の奏者(取次役)にゆだねることにする。本当は狐がいないのに「いる」と主張した佐渡の百姓は、賄賂(わいろ)を使ってあらかじめ奏者から狐の特徴を聞いたうえで判定に臨む。しかし、にわか仕込みのため、いざ越後の百姓から狐の姿形を聞かれてもしどろもどろ。それでも奏者から身ぶり手ぶりで教えられてなんとか切り抜け、判定に勝つ。ところが、外へ出てから狐の鳴き声を尋ねられて答えられず、賭け物の刀を取り返されてしまう。役人の収賄に風刺性も感じられるが、見どころはむしろ、奏者が佐渡の百姓になんとか教えようとする箇所の3人の演技のおかしさにある。脇狂言としてのめでたさは感じられない。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐渡狐の関連情報