佐藤 清(読み)サトウ キヨシ

20世紀日本人名事典「佐藤 清」の解説

佐藤 清
サトウ キヨシ

明治〜昭和期の詩人,英文学者



生年
明治18(1885)年1月11日

没年
昭和35(1960)年8月15日

出生地
宮城県仙台市

別名
号=澱橋(デンキョウ)

学歴〔年〕
東京帝大英文科〔明治43年〕

経歴
早くから「文庫」などにを投稿し、明治38年刊行詞華集「青海波」にその一部がおさめられる。のち「詩声」を主宰。大正3年「西灘より」を刊行。以後「愛と音楽」「海の詩集」「に鳥」などの人道主義的なおだやかな詩風の詩集がある。英文学者として関西学院、東京女高師各教授を経て、大正15年から昭和20年まで京城帝大教授、24年青山学院大教授を歴任した。「佐藤清全集」(全3巻)がある。

佐藤 清
サトウ キヨシ

明治〜昭和期の病理学者



生年
明治16(1883)年10月3日

没年
昭和43(1968)年9月1日

出生地
北海道

学歴〔年〕
千葉医学専門学校〔明治40年〕卒

学位〔年〕
医学博士

経歴
陸軍軍医ののち明治42年東京帝大病理学教室に入り長与又郎教授に師事、のち日本赤十字病院病理部長、熊本医科大学教授、大正15年東京女子医学専門学校教授となり、昭和2年文部省在外研究員としてベルリンに留学、フィッシャー教授に組織培養を学んだ。20年退職、恙虫病病原体の培養の研究、血液学の分野で活躍。著書に「図説血液学の臨床」「実験血液学」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android