コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤次郎 さとう じろう

3件 の用語解説(佐藤次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤次郎 さとう-じろう

1908-1934 昭和時代前期のテニス選手。
明治41年1月5日生まれ。昭和7,8年の全英選手権でつづけてベスト4となり,8年のダブルスでは布井良助とくみ準優勝。同年の世界ランキング3位。6年から4年連続してデビス-カップ戦日本代表となり,9年欧州ゾーン出場のため渡欧の途中,4月5日マラッカ海峡で投身自殺した。27歳。群馬県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さとうじろう【佐藤次郎】

1908‐34(明治41‐昭和9)
テニス選手。群馬県出身。早稲田大学卒業。軟式テニスから硬式テニスに転じ,1930年に日本ランキング1位となり,31‐34年のデビス・カップ選手権日本代表に選ばれた。32,33年にウィンブルドン・テニス大会シングルスでベスト4に進出,33年の同大会ダブルスで布井良助と組み準優勝をとげた。34年4月,デビス・カップ戦選手として渡欧の途次,マラッカ海峡に身を投じた。イギリスなどの新聞も彼の生前の活躍をたたえ,その死を悼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤次郎
さとうじろう
(1908―1934)

日本テニス史を飾る最高峰の一人。群馬県出身。早稲田(わせだ)大学在学中に全日本選手権優勝。1929年(昭和4)来日した「フランス四銃士」の一人ブルニヨンを破り注目を浴びる。この年フランスはデビスカップをアメリカから奪い日の出の勢いであった。31年のデビスカップに出場し34年まで日本代表。32年と33年ウィンブルドン全英選手権男子シングルス準決勝、33年ダブルスで決勝進出。同年マイヤーズ・ローンテニス年鑑世界ランキング3位。剛毅(ごうき)果敢、かつ理知的なテニスは、そのポーカーフェイスと相まって相手を圧倒した。34年(昭和9)主将としてデビスカップ欧州ゾーン参加の途次、4月6日マラッカ海峡に姿を消した。遺書を残した覚悟の自殺であった。[久保圭之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤次郎の関連キーワード軟式テニスパドルテニスローンテニステニスコートインドアテニスオートテニス雛田千尋テニスバット日本テニス協会バウンドテニス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤次郎の関連情報