何でも(読み)ナンデモ

  • あんでも

デジタル大辞泉の解説

《代名詞「なに」に副助詞「でも」が付いた「なにでも」の音変化》
[副]
よくはわからないが。どうやら。「何でも近く結婚するらしい」
どうしても。ぜひ。「何が何でもやりぬこう」
「あれは世間に重宝する三光とやらいふ鳥であらう。―刺いてくれう」〈続狂言記・鶯〉
[連語]どういうものでも。どういうことでも。「生活用品なら何でもある」「頼まれたことは何でもする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① (「なんでも(何━)」の変化した語) どんな物事でも。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「濁酒だアの、居びたり餠だアの、あんでもハア、三日正月で祝(いはひ)つけヱ」
② 何か。何事か。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「あんでも嬉しい事があるだっぺい」
(「なん(何)」に助詞「でも」が付いたもの)
[1] 〘連語〙 事物・事態を選択しないさま。どのようなものでも。いかなることでも。
※茶屋諸分調方記(1693)一二「いっそ知らぬ顔していればよかんめるに、なんでも知ったがほするゆへ、てんとあいそがつきる」
[2] 〘副〙
① 事態のいかんにかかわらず、自分の意志・希望を通そうとするさま。どんなことがあっても。是非とも。何とかして。とにかく。
※虎明本狂言・杭か人か(室町末‐近世初)「なんでもおもひきってつかうぞ、ぐっさり」
② あいまいな記憶や他人から聞いた話など、判断の不確かなさま。また、そのような場合に発することば。たしか。聞くところでは。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「いかさまなあ、なんでも棚からぶらさがったよふなうちであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何でもの関連情報