コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価値形態 かちけいたい

2件 の用語解説(価値形態の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かちけいたい【価値形態】

《資本論》特有の用語で,商品の価値を表現する形。物が売物(商品)であることを示すところの価格は,本来は,それぞれの国で貨幣としての金の一定量を単位にとり,それに〈円〉とか〈ドル〉とかの名称をつけ,この呼称でもって,商品の価値を大小さまざまの金の量で表現したものであり,商品の価値表現の完成した形と考えられる。《資本論》では,この価値表現の萌芽から完成形態への発達を,A.単純な価値形態→B.全体的な,または拡大された価値形態→C.一般的価値形態→D.貨幣形態[価格]への展開として分析することにより,商品に価格の形を与えて商品形態を成り立たせ,また商品の運動(売買)を成り立たせるところの貨幣が,いかにして商品そのものの内から形成されざるをえないか,その必然性を明らかにしようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

価値形態
かちけいたい
Wertformドイツ語

商品は使用価値と価値という2要因を統一したものである。このうち使用価値は商品体そのものであるから感覚的にとらえることができるのに対して、抽象的人間的労働を実体とする価値は、超感覚的で純粋に社会的なものであり、他の商品との社会的関係においてのみ現象する。こうした価値の現象形態を交換価値または価値形態という。もっとも単純な価値形態は、x量のA商品=y量のB商品である。この価値等式において、A商品の価値はB商品の使用価値によって表現されている。この場合、A商品の価値表現の材料として役だっているB商品を等価形態にあるという。等価形態にたつB商品は、商品の自然的形態そのものが価値の現象形態になっており、A商品に対して直接交換可能な性質を与えられている。この単純な価値形態は発展して、社会のすべての商品の価値が等価形態にたつ唯一の商品(一般的等価形態)によって表現されるに至る。こうした一般的等価形態の役割を最終的に独占するのが金であり、商品価値を金で表現したものが貨幣形態である。[二瓶 敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の価値形態の言及

【資本論】より

…第3巻は,第1編〈剰余価値の利潤への転化と,剰余価値率の利潤率への転化〉,第2編〈利潤の平均利潤への転化〉,第3編〈利潤率の傾向的低下の法則〉,第4編〈商品資本と貨幣資本の,商品取扱資本と貨幣取扱資本への転化(商人資本)〉,第5編〈利子と企業者利得とへの利潤の分裂,利子生み資本〉,第6編〈超過利潤の地代への転化〉,第7編〈収入とその源泉〉から成る。
【第1巻の構成】
 第1~2編で,商品→貨幣→資本のカテゴリーの展開を後づけ,とくに商品の章で〈労働の二重性〉に基づくマルクス特有の労働価値説と〈価値形態〉論とを提示し,やがて〈労働力の売買〉を媒介に第3編以下の生産過程の分析に入っていく。第3編では,1日の労働時間(労働日)における〈価値および剰余価値〉の形成と,剰余価値の〈不払労働の搾取〉としての取得を,第4~6編では,資本制生産方法の展開と,その結果としての賃金のカテゴリーを,第7編では,資本の蓄積が,賃金と剰余価値の運動にもたらす効果と,労働者階級の運命に与える影響を扱っている。…

※「価値形態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

価値形態の関連キーワード価値論固定資本剰余価値現価不変資本利潤率価値転換規範意識農業固定資本(額)APV法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone