価格等統制令(読み)かかくとうとうせいれい

百科事典マイペディアの解説

価格等統制令【かかくとうとうせいれい】

第2次大戦中の国家総動員法に基づく勅令。1939年9月18日に価格を据え置いて,値上げを禁止した。〈9・18停止令〉とも。インフレーションによる物価騰貴を抑えようとしたが,物資不足で闇取引が横行,闇価格の高騰を抑え切れなかった。第2次大戦後失効,物価統制令に引き継がれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

価格等統制令
かかくとうとうせいれい

国家総動員法第19条に基づいて1939年(昭和14)10月18日公布、同月20日施行された勅令。同年9月の第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)による諸物価上昇を抑制するため、物価のみならず、運送費、保管料、損害保険料、賃貸料などほとんどすべての価格を、同年9月18日現在水準に釘(くぎ)づけすることを目的とし、九・一八停止(ストップ)令ともよばれた。10月18日、同時に地代家賃統制令、賃金臨時措置令、会社職員給与臨時措置令も公布されたが、闇(やみ)価格の横行を阻止できなかった。[長 幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の価格等統制令の言及

【統制経済】より

…すべての物資に配給・消費規制が強化され,41年4月には生活必需物資統制令が総動員法にもとづく勅令をもって制定されるなど,国民生活への統制も強まった。また世界的な物価高騰に対しては1939年10月価格等統制令を公布して物価統制を図った。これは物価をすべて9月18日の水準に釘付けするというもので,賃金もこれに応じて凍結された。…

※「価格等統制令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android