コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侯外廬 こうがいろ Hou Wai-lu

3件 の用語解説(侯外廬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

侯外廬
こうがいろ
Hou Wai-lu

[生]光緒29(1903).山西
[没]1987.9.14. 北京
中国の歴史学者。中国社会科学院歴史研究所名誉所長。中国政治協商会議常務委員。パリに留学し,帰国後ハルビン (哈爾浜) で教職につき,のち 20代後半で早くも北京大学に迎えられ,王思華と『資本論』を共訳。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

侯外廬【こうがいろ】

現代中国の歴史学者,思想史家。山西省介休県生れ。北京師範大学卒。マルクス主義者李大【しょう】(りたいしょう)の影響を受け,中国共産党に入る。《資本論》を中国で最初に翻訳出版。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうがいろ【侯外廬 Hóu Wài lú】

1903‐87
現代中国の歴史学者,馮友蘭と並ぶ思想史家。山西省介休県の人。北京師範大学卒。李大釗(りたいしよう)の影響でマルクス主義に傾倒し,1927‐30年パリに留学,中国共産党に入る。帰国後,北京の大学で教鞭をとり,王思華と《資本論》を中国で最初に翻訳出版。30年代後半は太原,重慶などで中国思想史研究に従事した。新中国成立後,西北大学学長などの要職につき,唯物論と唯心論の対立抗争を重視する《中国思想通史》全6巻を上梓,内外の注目をあつめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

侯外廬の関連キーワード繹史グーチ馮友蘭ベルンハイム呂振羽歴史家社会思想史学会野村浩一増井経夫水田珠枝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone