コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信号発生器 しんごうはっせいき signal generator

1件 の用語解説(信号発生器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんごうはっせいき【信号発生器 signal generator】

電子素子,回路,機器,システムなどの入出力特性を評価するための信号源として用いられるものを信号発生器という。狭義には受信機など高周波機器の周波数特性の測定に用いられる標準信号発生器を指す。広義にはこのほか,一般用発振器,掃引信号発生器,関数発生器周波数シンセサイザー雑音発生器パルス発生器などを含む。 標準信号発生器はコンデンサーと抵抗,インダクタンスとコンデンサー,水晶などの発振回路を基として,信号の増幅,変調,減衰が可能なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信号発生器の関連キーワード電子掲示板システム分散処理システム基本入出力システム電子発注システムシステムLSI(大規模集積回路)エム・システム技研マイクロ・トーク・システムズミカサ商事日本システム開発

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信号発生器の関連情報