信濃布(読み)シナノヌノ

世界大百科事典 第2版の解説

しなのぬの【信濃布】

信濃で生産された布。信濃の語源は一説にはシナノキにちなんだものといわれるように,古代の信濃にはシナノキがたくさん自生していたのであろう。信濃布というのは本来このシナノキの繊維からつくる粗くて丈夫な布(榀布(しなぬの))であるが,そのほか信濃では畠に栽培する麻や苧(からむし)からつくる高級の布も生産されていた。信濃の年貢は古代以来,輸送の便利もあってかほとんどが軽量の布で京進された。律令時代は調布2万端,庸布4万端,商布約7500端の貢進となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android