コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信用販売(読み)しんようはんばい(英語表記)sale on credit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信用販売
しんようはんばい
sale on credit

商品やサービスの提供にあたり,売主が買主に対して,その代金のあと払いを認める販売方法のこと。現金販売に対する言葉で,もっぱら小売段階における一般消費者を対象とした場合をいう。その代金の決済方法によって,1回払いの掛売りと,数回から数十回にわたっての分割払いを認める割賦販売との2つがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

信用販売【しんようはんばい】

売買取引の際,売手が買手に信用を与え,代金支払を一定期間猶予する販売方法。古くから行われ今日の商取引でも重要な地位を占める掛売(ふつう金利はつかない)のほか,割賦販売,ローンその他による消費者金融の形態で行われる。
→関連項目クレジットクレジット・カード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんようはんばい【信用販売】

掛け売り・月賦など、後払いで商品を渡す販売方法。信販。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信用販売
しんようはんばい
credit sale

商品の売り手が買い手に信用を与え、代金後払いで販売すること。現金販売に対置され、商品の引渡しと代金支払いの間に一定の時間的ずれが生じる。種類としては、一般商品取引における掛売り、メーカーや販売店が消費者を対象として行う各種の割賦販売、チケット販売クレジットカードによる販売などがある。掛売りは、月末など特定日にまとめて支払う方法であり、慣習的に処理されるため、特定の文書を用いることはなく、金利もつかないのが普通である。割賦販売は、代金を一定期間中に分割して支払う条件で行われる販売であり、支払い時期によって週賦、月賦、年賦などがある。日本では賃金支払い制度との関係で、月賦が圧倒的に多い。チケット販売は、クーポン制ともよばれ、発行会社のチケット(小切手式、切取り式、通帳式、切符式など)を特約店に持参して商品を購入する。購入者は代金を発行会社に割賦で払い込み、販売店は発行会社より一括して代金を受け取る。クレジットカード販売は、チケット販売におけるチケットをカードに置き換えたものとみればよい。近年はクレジットカード販売の普及が目覚ましい。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例