コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉庫営業 そうこえいぎょう

4件 の用語解説(倉庫営業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉庫営業
そうこえいぎょう

他人のために物品を倉庫に保管する営業 (商法597) 。寄託の引き受けを目的とする行為で営業的商行為に属し,倉庫営業者は商人である。主要業務は,物品の保管,倉庫証券の発行,貨物の移動や売買の補助であるが,貸庫業務,倉移し業務,運送取扱業務,保管貨物の売買の仲介など,さまざまの関係事業を兼営することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうこ‐えいぎょう〔サウコエイゲフ〕【倉庫営業】

他人のために物品を倉庫に保管することを目的とする営業。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうこえいぎょう【倉庫営業】

寄託を受けた物品を倉庫に保管する営業。倉庫業。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉庫営業
そうこえいぎょう

他人のために物品を倉庫に保管することを目的とする営業(商法597条)。その営業の主体を倉庫営業者といい、保管すなわち寄託の引受けを業とすることにより商人となる(同法502条10号・4条1項)。専門的な倉庫営業者の適当な設備と管理を利用することによって資本および経費を節約できるのみならず、盗難・火災の予防にもなる。また、倉庫証券を利用することにより、倉庫に寄託した商品の流通を容易ならしめる。すなわち、商人は倉庫証券によって在庫品を自由に売却・質入れして金融の便を得ることができるし、大量の商品につき取引ごとにこれを運送する必要がないから人件費の節約に役だち、商品の保存にも有利であるから大量取引を可能にする。保管の方法としては、特定物の寄託に限らず、数人の寄託者の寄託物を混合して保管する混蔵寄託でもよい。しかし受託者が寄託物の所有権を取得し、後日これと同種・同等・同量の物を返還する消費寄託は含まれない。倉庫営業者は善良な管理者の注意をもって受寄物を保管し、これを寄託者または倉庫証券の所持人に返還する義務を負う。倉庫営業者は寄託者の請求により倉庫証券を発行する義務を負う。これは寄託物の返還請求権を表彰する有価証券であり、原則として所有権移転のための預り証券と、質権設定のための質入証券とを発行することになっている(複券主義)。しかし、日本では複券の利用に慣れず、また銀行が質入証券に対して金融の便を与えなかったので、1911年(明治44)の商法の改正により単券主義をも併用し、両証券にかえて単一の倉荷証券を発行することができるとしたため、実際界では寄託物の譲渡・質入れともにこの倉荷証券によって行われている。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉庫営業の関連キーワード準問屋他人のためにする保険契約問屋農業倉庫保管料保存食イヤバンク蔵移し倉渡し野積倉庫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉庫営業の関連情報