コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中松山城 びっちゅうまつやまじょう

2件 の用語解説(備中松山城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

びっちゅうまつやまじょう【備中松山城】

岡山県高梁(たかはし)市にあった山城(やまじろ)。近世の山城としては唯一天守などが残る。標高480mの臥牛山(がぎゅうざん)は4つの峰からなり、そのうちの小松山に本丸、二の丸、三の丸が階段状に配され、ほかに大松山、天神の丸、前山にも遺構がある。城跡は国の史跡に指定され、現存する天守、二重櫓(にじゅうやぐら)、土塀の一部が国の重要文化財となっている。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。この地は山陰と山陽を結ぶ戦略上の要所として知られ、中世から戦乱が絶えなかったところ。1240年(仁治1)に秋葉重信(あきばしげのぶ)がこの地方の地頭となり、大松山に最初の城を築いた。この時は簡単な砦であったとされる。以後、城主はめまぐるしく替わり、戦国時代の三村元親(みむらもとちか)の代に本格的な山城として整備された。しかし、元親は毛利輝元(もうりてるもと)と争い、自刃して果てた。関ヶ原の戦いの後、小堀正次・政一(小堀遠州(えんしゅう))父子が代官として入り、城の改修を行った。同時に、山麓に御根小屋(おねごや)と称する居館を設けた。その後、池田氏、水谷(みずのや)氏と領主は替わるが、現存する天守などの建築物は水谷氏時代に築かれた。水谷氏改易後、安藤・石川・板倉氏と、譜代大名が城主となった。幕府の老中となった板倉氏7代目の勝静(かつきよ)の代に明治維新を迎えた。明治の廃城令により御根小屋は取り壊されたが、現在その跡地には高梁高校がある。JR伯備線備中高梁駅からバス10分で松山城登山口下車、徒歩20分。◇松山城、高梁城ともいう。

出典|講談社
日本の城がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備中松山城の関連情報