コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中紙 びっちゅうがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備中紙
びっちゅうがみ

備中国 (岡山県) に産した和紙。室町時代末期に周防 (すおう) の柳井から高梁 (たかはし) に移った紙工柳井家が,江戸時代の末まで,宮中や将軍家御用の檀紙 (だんし) をすいた。またこれに似た引合 (ひきあわせ) 紙,杉原紙などの武士階級の愛用紙や越前の五箇ですかれた奉書や懐中紙,七九寸 (しちくすん) なども備中でつくられた。明治期に入って生産は急速に衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備中紙
びっちゅうがみ

備中国(岡山県)で漉(す)かれた和紙。備中と略すこともある。備中国が古くから和紙の名産地であったことは、京都の相国寺(しょうこくじ)に伝わる日記『鹿苑日録(ろくおんにちろく)』の永禄(えいろく)9年(1566)5月7日の条に、「備中は紙の名所なり」とあることでもわかる。室町時代後期に、上房(じょうぼう)郡広瀬(高梁(たかはし)市広瀬)の柳井勘左衛門が朝廷や幕府の御用紙(ごようし)を漉く特権を与えられてからのち、明治時代に入るまでの間、長く檀紙(だんし)を生産し、柳井家を中心として漉かれた備中檀紙の名は広く知られていた。またこの地方では、そのほかにも公家(くげ)や社寺の荘園(しょうえん)でそれぞれ紙を漉き上納していたことが文献にみられ、1777年(安永6)刊の木村青竹(せいちく)編『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』には、備中産の紙として檀紙類のほかに、奉書、杉原、三折、半紙、ちり紙などをあげている。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

備中紙の関連キーワード備中檀紙

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android