コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中鍬 ビッチュウグワ

4件 の用語解説(備中鍬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びっちゅう‐ぐわ〔‐ぐは〕【備中×鍬】

刃の部分を2本から5本のくしの歯状とした鍬。水田の荒起こしなどに使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

備中鍬【びっちゅうぐわ】

江戸時代から用いられた田の荒起し用の鍬。刃床部は2〜5本に分かれた熊手状で,地方により形は多少異なる。18世紀以降,小農自立の進展とともに牛馬をもたない小農生産に最も適した深耕用具として広く普及した。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

びっちゅうぐわ【備中鍬】

二本から五本の歯をもつ打ち鍬。水田などの粗起こしに用いる。またぐわ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備中鍬
びっちゅうぐわ

土との摩擦面を少なくするため刃床部が数本に分かれている鍬で、水田、粘土質土壌の耕うんに適したものである。江戸時代中期に出現し、刃部の数により二本備中鍬、三本備中鍬、四本備中鍬、五本備中鍬がある。また刃の先端部が広がり、ばち形をしたばち付き備中鍬があるが、もっとも普及したものは三本備中鍬であった。[小林 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備中鍬の関連キーワード墾田スマルト荒起こし・粗起こし・荒起し・粗起し画帖手絡袱紗帯粗起し紫雪田起し四股名

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備中鍬の関連情報