コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儘/随/任 ママ

デジタル大辞泉の解説

まま【×儘/随/任】

《「まにま」の音変化》多く連体修飾語を受けて形式名詞的に用いられる。
その状態に変化のないこと。それと同じ状態。「昔の―」「現状の―」「立った―の姿勢」
(多く「ままになる」の形で用いる)思い通りの状態。自由。「意の―になる」「こう物価高だと買物も―にならない」
成り行きにまかせること。古くは「…ともままよ」「…とままよ」などの形で用いられることが多い。「成すが―」
「ナンデアロウトモ―ヨ」〈天草本伊曽保・狼と羊の譬〉
(ふつう文字のかたわらに「ママ」と書く)論文・写本・校正などで、引用した原文・底本のとおりであることを示す語。→い(意)のままままならぬままにままよ
[下接語]有りの儘思いの儘思う儘着の身着の儘気儘・心の儘・この儘自儘その儘身儘我が儘

まんま【×儘】

まま」の撥音添加。「散らかした出かける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

儘/随/任の関連キーワード気儘勝手・気侭勝手児手柏のふた面そっくり其の儘来し方行く末舁き上げる報讐・報讎儘ならない渡辺立庵奇特頭巾栄耀栄華斎藤道節明けの春曠日持久のほほん取散らす気儘勝手有るが儘剃り毀す勝手気儘武井武雄