コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先触 さきぶれ

世界大百科事典 第2版の解説

さきぶれ【先触】

旅行者が旅行に先立って,通行する街道の宿駅に対して,必要とする人足や馬の数,さらには,到着日や休泊の予定を書状で委託すること。中世からみられるが,近世に最も多く遣わされ,幕府役人・勤番などの公務,領主・公家衆の通行をはじめ,諸藩の役人の通行にも出された。到着日や休泊の予定は,これとは別に休泊付として遣わされることもある。【波田野 富信】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

先触の関連キーワードソ連崩壊と東欧の歴史的変革会津田島祇園祭ミツキェビッチ禅譲・放伐フレノーリクトル東洋史学海上胤平アウラみさき先触れ先使い鶴亀冷戦元寇使者

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先触の関連情報