先触(読み)さきぶれ

世界大百科事典 第2版の解説

さきぶれ【先触】

旅行者が旅行に先立って,通行する街道の宿駅に対して,必要とする人足や馬の数,さらには,到着日や休泊の予定を書状で委託すること。中世からみられるが,近世に最も多く遣わされ,幕府役人・勤番などの公務,領主・公家衆の通行をはじめ,諸藩の役人の通行にも出された。到着日や休泊の予定は,これとは別に休泊付として遣わされることもある。【波田野 富信】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さき‐ぶれ【先触】

〘名〙
① あらかじめ触れ知らせること。予告。まえぶれ。
※談義本・風流志道軒伝(1763)二「顔見せの先ぶれは番附売八方へ散じ、芝居の挑灯はそれぞれの紋を照す」
② 室町時代から江戸時代にかけて、武将、大名、官人、公家衆などの旅行にあたり、前もって街道の宿駅に人馬の継立(つぎたて)、休泊その他の手配をさせる通知書。
※五駅便覧‐宝暦八年(1758)八月(古事類苑・政治九八)「五海道宿々人馬先触之儀に付、申上候書附」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android