コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先験的 センケンテキ

デジタル大辞泉の解説

せんけん‐てき【先験的】

[形動]《〈ドイツ〉transzendental
カント哲学で、対象にかかわるのではなく、先天的に可能な限りでの対象の認識のしかたに関する認識についていう。超越論的
フッサール現象学で、エポケー(判断中止)を行ったのちに残存する純粋意識の領域に関していう。超越論的。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先験的
せんけんてき

ドイツ語トランスツェンデンタールtranszendentalの訳語としてつくられた哲学上の術語。「超越論的」といわれる場合もある。「対象にではなく、むしろア・プリオリ(先天的)に可能な限りでの対象の認識の仕方に関する認識」(カント)と定義される。[坂部 恵]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

先験的の関連キーワードブロード(Charlie Dunbar Broad)ラディカル・エコノミックスミニマム・エッセンシャルズアプリオリ確率超越論的観念論オーデブレヒト純粋理性批判等重率の仮定批判的観念論先験的観念論超越論的意識経験的心理学存在と時間ハルトマンカント主義シェリングリッケルトナトルプ非決定論ヘルマン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先験的の関連情報