コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光速度不変の原理 こうそくどふへんのげんりprinciple of constancy of light velocity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光速度不変の原理
こうそくどふへんのげんり
principle of constancy of light velocity

真空中の光の伝搬速度は互いに等速度運動している観測者に対して,観測者の速度によらず常に一定であるという原理。 J.C.マクスウェル電磁気学によると真空中の光速度はある一定値をもつことが導かれるが,この速さは宇宙を満たしているエーテルなる媒質に対して静止している座標系 (観測者) で測定される速さを示すと考えられていた。その後マイケルソン=モーリーの実験をはじめ,エーテルに対して運動している座標系 (たとえば地球上の観測者) における光速度を測定するいくつかの試みがいずれも否定的な結果に終った。 A.アインシュタインはこれらの実験結果をもとにエーテルの存在を否定して光速度不変の原理を立て,特殊相対性理論の基本原理の1つとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

光速度不変の原理【principle of constancy of light velocity】

マイケルソン‐モーリーの実験結果に基づいて,アインシュタインが特殊相対論を構築するに当たって導入した根本的原理.互いに一様に運動するすべての観測者に対して光速度は常に一定の値を保つ.特殊相対性理論では相対性原理と結んでローレンツ変換*となり,一般相対性理論では四次元の時空世界における測地線の長さ ds がゼロであることを要求する結果となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうそくどふへんのげんり【光速度不変の原理】

真空中の光速度は、互いに等速度運動するすべての観測者に対して不変である、という原理。特殊相対性理論の基本原理の一。光速不変の原理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の光速度不変の原理の言及

【相対性理論】より

…マクスウェルの電磁理論と力学の法則との整合性が問題なのであった。彼はまず,光の速度はどんな慣性系からみても同じであることを認めることから出発しようという(光速度不変の原理)。これが素朴な速度の合成則(2)とどんなに矛盾しようとも,一方において真空中におけるマクスウェル理論を正しいものと受けいれる限り,これ以外に考えようはないといわば居直った形である。…

※「光速度不変の原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光速度不変の原理の関連キーワードマイケルソン=モーリーの実験光速度一定の原理ローレンツの収縮ローレンツ変換相対論的効果マイケルソン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android