コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜造(り) カブトヅクリ

デジタル大辞泉の解説

かぶと‐づくり【×兜造(り)】

草葺(くさぶ)き寄せ棟屋根の妻側下部を切り落とし、障子窓を設けた民家形式。屋根裏を養蚕室とする。関東西部・山梨・長野・福島・山形・新潟の各県にみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

兜造【かぶとづくり】

武蔵,北信濃,南甲斐などの寄棟(よせむね)造の農家にみられる形式。蚕室として用いる屋根裏の通気・採光のため,の部分の屋根を切り上げ,壁面に開口部を設けたもので,この切上げ破風の部分の形が兜に似ている。
→関連項目民家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

兜造(り)の関連キーワード妻(建築)檜原(村)

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android