コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

就学義務 しゅうがくぎむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

就学義務
しゅうがくぎむ

学齢児童および生徒をその保護者義務教育を施す学校に就学させる義務学校教育法 (昭和 22年法律 26号) では,保護者は子が満6歳に達した日の翌日以後の最初の学年の初めから,満 15歳に達した日の属する学年の終わりまで,小学校,中学校,中等教育学校の前期課程などに就学させる義務を負うと規定している。就学義務を履行するための保障として,視覚障害者,聴覚障害者,知的障害者,肢体不自由者または病弱者に対しては特別支援学校を設け,経済的理由により就学困難な者の保護者に対しては市町村が必要な援助を与えることになっている。また労働基準法 (昭和 22年法律 49号) などにより,学齢児童の就学を妨げてはならないことが規定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうがく‐ぎむ〔シウガク‐〕【就学義務】

学齢児童・生徒を、その保護者が、義務教育を施すため学校に就学させる義務。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

就学義務【しゅうがくぎむ】

義務教育

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうがくぎむ【就学義務】

保護者がその保護する子供に義務教育を受けさせる義務。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の就学義務の言及

【義務教育】より

…国民がその保護する子どもに一定の教育を受けさせることを法的に義務づけている教育制度とそこでの教育をいう。一般に各国とも,法令によって子どもの年齢ないしは習得すべき教育課程を基準に義務教育の年限(期間)を定め,保護者(父母または後見人)にはその期間子どもを就学させるか,その課程を修了させるかの義務を課し(就学義務),国や地方自治体には必要な学校を設置し(学校設置義務),無償制をはじめ教育の諸条件を整備することを義務づけている。就学開始年齢(学齢)はイギリス,イスラエルなどの5歳を除けば6歳ないしは7歳がほとんどだが,義務教育年限にはかなりの差がみられる。…

※「就学義務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

就学義務の関連キーワードインターナショナルスクール中学校卒業程度認定試験聴覚障害教育学習指導要領夜間中学校教育改革養護学校夜間中学就学免除国民学校教育令盲学校退学免除入学停学学齢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

就学義務の関連情報