八方尾根(読み)はっぽうおね

百科事典マイペディアの解説

八方尾根【はっぽうおね】

長野県北安曇(きたあずみ)郡白馬村後立山連峰唐松岳から東へのびる尾根。大規模なスキー場として知られ,麓の細野から兎平を経て黒菱平(標高約1600m)までロープウェーリフトが通じ,1998年の長野オリンピックではアルペン競技など各種競技のコースとしても使用された。白馬岳(しろうまだけ),鹿島槍ヶ岳五竜岳眼前に展開。大糸線白馬駅からバス。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっぽうおね【八方尾根】

長野県北西部,飛驒山脈立山(うしろたてやま)連峰唐松岳(2696m)から東方にのびる尾根。スキー場として開発され,ふもとの北安曇(きたあずみ)郡白馬(はくば)村八方(細野)から,全長2kmのロープウェーと750mのリフトが設けられている。尾根には三つのケルンがあり,スキーヤーや登山客の道標になっている。第3ケルン近くには八方池があり,ここからは白馬(しろうま)三山や不帰ノ険(かえらずのけん)(不帰岳)の展望がよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕八方尾根(はっぽうおね)


長野県北西部、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北部・後立山(うしろたてやま)連峰の唐松(からまつ)岳(標高2696m)から東に延びた尾根。ゆるやかな尾根筋は自然研究路になっており、高山植物が群生する。八方山東腹の八方尾根スキー場は積雪量が多く、アルペンスキーの本場。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八方尾根
はっぽうおね

長野・富山県境にある後立山(うしろたてやま)連峰の唐松(からまつ)岳(2696メートル)から東方へ延びる尾根。尾根の中ほどにある八方山(1974メートル)の斜面は長野県の代表的山岳スキー場として知られる。リフトも多いが、山麓(さんろく)から兎(うさぎ)平(1397メートル)まで全長約2000メートルのロープウェーがあり、大部分はここから滑降する。夏も稼動し、兎平から白馬(しろうま)岳、杓子(しゃくし)岳、鑓(やり)ヶ岳の白馬三山の全容を眺めることができる。山麓の白馬(はくば)村八方(細野)は県下で最初の民宿が始まった所である。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八方尾根の関連情報