コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五竜岳 ごりゅうだけ

4件 の用語解説(五竜岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五竜岳
ごりゅうだけ

長野・富山県境,飛騨山脈後立山連峰にある山。標高 2814m。おもに花崗岩から成る。南方の鹿島槍ヶ岳との間には八峰キレットの岩場があり,南東は鹿島川上流が深く浸食して,けわしい山容を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごりゅう‐だけ【五竜岳】

富山県・長野県の県境にある山。標高2814メートル飛騨山脈後立山連峰の一。鹿島槍ヶ岳の北に位置し、中部山岳国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

五竜岳【ごりゅうだけ】

長野県,富山県の境,後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)にある山。標高2814m。山名は東斜面の岩壁にある菱形の割れ目をもつ大岩を武田氏の御紋の意味で御菱(ごりょう)と呼んだという説,後立山の後立(ごりゅう)が語源とする説もある。
→関連項目八方尾根

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごりゅうだけ【五竜岳】

長野・富山県境,飛驒山脈(北アルプス)北東部にある山。後立山連峰の中央部,鹿島槍ヶ岳と大黒岳の間に位置する。標高2814m。山頂部は山脈の南北方向に対して直角に,東西に伸びた山稜をつくっており,頂部がヒン(玢)岩,谷底が花コウセン緑岩からなる。東側は鹿島川の源流部のシラタケ沢の深い谷に向かって岩壁がそそり立ち,多数の岩稜があって岩登りの対象となっている。西側は黒部川の支流である東谷と餓鬼谷の間に長大な尾根をのばし,多重山稜や小凹地をその上にのせている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五竜岳の関連キーワード木曾山脈木曾谷北アルプス中央アルプス日本アルプス飛騨山脈・飛驒山脈アルプス銀座アルプス精水アルプス[山脈]飛驒山脈

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五竜岳の関連情報