コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八方汁 はっぽうじる

2件 の用語解説(八方汁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八方汁
はっぽうじる

日本料理の出し汁の一種。出し汁のうち最も一般的なもので,利用範囲の広いところから八方の名がある。かつお節を中心として醤油,味醂,水を合せてつくる。野菜類,乾物類の煮汁,てんつゆ,めん類の掛け汁,つけ汁などに使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八方汁【はっぽうじる】

八方だし,八方下地とも。各種の料理をつくるのに便利なようにあらかじめつくっておく汁で,かつお節などでとっただしを煮たて,みりん,醤油などで味をつける。醤油をひかえた淡口八方,酒を加えた酒八方などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

八方汁の関連キーワード出し汁先付け汁の餅・汁の餠煮出し煮出し汁澄まし汁割下だし汁吸い物出し/出汁