八方汁(読み)はっぽうじる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八方汁
はっぽうじる

日本料理の出し汁の一種。出しのうち最も一般的なもので,利用範囲の広いところから八方の名がある。かつお節を中心として醤油味醂,水を合わせてつくる。野菜類,乾物類の煮汁,てんつゆ,麺類のかけ汁,つけ汁などに使われる。関西で使われることばで,関東では一般にそばつゆという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

八方汁【はっぽうじる】

八方だし,八方下地とも。各種の料理をつくるのに便利なようにあらかじめつくっておく汁で,かつお節などでとっただしを煮たて,みりん,醤油などで味をつける。醤油をひかえた淡口八方,酒を加えた酒八方などがある。天つゆ,そばつゆ,煮物や鍋(なべ)物の汁などに用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android