出し汁(読み)だしじる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出し汁
だしじる

出し,ストックともいう。肉類およびその骨,魚介類,干ししいたけ,こんぶ,生野菜などを煮出し。一般に,材料は単独で用いるよりも動物性のものと植物性のものとを取混ぜたほうが,味が複雑で美味となる。かつお節出しのとり方は,水を沸騰させてからかつお節を入れ,再び沸騰したら火を止める。この上澄みを一番出しといい,吸い物茶碗蒸しに用いる。こんぶは沸騰直前に取出すこと,肉類の場合は,あくや脂肪を取除くことがこつである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

だしじる【出し汁】

煮出したり、水に浸したりして、材料のうまみを浸出させた汁。日本料理では、かつお節・昆布・煮干し・干ししいたけなどが代表的な材料で、料理によって鶏がらや牛・豚の骨、魚のあらなども用いる。◇「だし」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

だしじる【出し汁】

鰹節かつおぶし・昆布などを煮出した、うまみのある汁。煮出し汁。だし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出し汁の関連情報