コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木アンテナ やぎアンテナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木アンテナ
やぎアンテナ

八木=宇田アンテナともいう。励振アンテナ (主素子) と非励振アンテナ (導波器と反射器) とを組合せた指向性アンテナをいい,1926年八木秀次宇田新太郎によって発明された。一般に反射素子は半波長より若干長く,また導波素子は半波長より若干短くつくられる。3素子から7,8素子の八木アンテナは現在テレビ受像用に数多く用いられており,その帯域を広げるために,主素子の形を変化させたり,導波素子の中央にトラップを入れたりしたものが種々つくられている。

八木アンテナ
やぎアンテナ

日立グループの電気機器メーカー。 1952年設立。八木アンテナの開発で知られる。事業領域はアンテナおよび電波障害対策工事のほか衛星放送・衛星通信,都市型ケーブルテレビ CATV,空間伝送光システム,情報伝送システムに拡大。 2000年 10月国際電気日立電子と合併し,商号日立国際電気に変更。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やぎ‐アンテナ【八木アンテナ】

平行線路に長さが約半波長導体を直角につけ、さらにこれと平行に反射・導波の役をする導体棒をつけて指向性を高めたアンテナ。大正15年(1926)電気通信学者の八木秀次が宇田新太郎とともに開発。地上波テレビの受信用アンテナの多くがこれ。八木宇田アンテナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

八木アンテナ【やぎアンテナ】

八木=宇田アンテナ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やぎアンテナ【八木アンテナ】

VHF ・ UHF 帯で用いられる指向性アンテナの一種。八木秀次・宇田新太郎が発明。指向性が鋭く、構造が簡単なので、テレビジョンの受信用などに広く用いられる。 → アンテナ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八木アンテナの関連キーワードエレクトロニクス史(年表)八木‐宇田アンテナ日立国際電気[株]テレビアンテナ八木 秀次

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八木アンテナの関連情報