コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八浜徳三郎 はちはま とくさぶろう

1件 の用語解説(八浜徳三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八浜徳三郎 はちはま-とくさぶろう

1871-1951 明治-昭和時代前期の社会事業家。
明治4年4月3日生まれ。キリスト教に入信。「基督(キリスト)教新聞」の編集に従事したのち,関西でまずしい人々に伝道。明治44年開設の大阪職業紹介所の主事,大正10年所長となり,失業者の救済につとめた。昭和26年10月22日死去。80歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。同志社神学院卒。著作に「下層社会研究」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八浜徳三郎の関連キーワード廃藩置県社会福祉法電気事業新教育高田藩北海道開拓郵便ポストラジオ放送田畑勝手作許可モルガン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone