コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵器拡散 へいきかくさん proliferation of weapons

1件 の用語解説(兵器拡散の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

兵器拡散

かつて大国が独占していた核兵器化学兵器生物兵器、長中距離ミサイルなどの大量殺りく兵器(weapons of mass destruction)を、中小国や武装集団が保有、生産するようになる動きとその過程。拡散の阻止は米国にとって、冷戦後の安全保障の最重要課題。阻止の方法としては、(1)条約の強化。核拡散防止条約包括的核実験禁止条約(CTBT)、化学兵器禁止条約生物兵器禁止条約など。(2)先進工業国の共同輸出規制。ミサイル関連技術、化学・生物兵器の原材料や製造設備、通常兵器の関連機資材の輸出規制など。(3)軍事的阻止。例えば、完成直前の核関連施設・化学兵器施設などの軍事的破壊。(4)国際社会における政治、外交的対応、など。しかしそれらはインドパキスタンの核実験などに直面し破綻した。兵器拡散の要因は、(1)非先端的な武器の拡散、(2)世界市場における武器情報、製造情報の商品化、(3)技術者の国際移動、(4)拡散阻止のための諸条約が、正当性、検証の実効性などで問題が多い、など。半面、人々の意識は変化し、核兵器は「使用や威嚇が、国際法や人道に関する諸原則に反する」(国際司法裁判所)と判断され、核実験や核保有自体が法的・道義的に問題視されている。このように一方で大量殺りく兵器を否定する意識が高まり、他方でその拡散防止の枠組みが破綻する狭間で、兵器拡散は国際政治の重大な関心事である。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵器拡散の関連キーワード化学兵器戦術核兵器戦略核兵器BC兵器化学兵器禁止条約消極的安全保障科学兵器光学兵器生物化学兵器戦域核兵器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵器拡散の関連情報