コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫行動枠組(み) ヒョウゴコウドウワクグミ

2件 の用語解説(兵庫行動枠組(み)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうご‐こうどうわくぐみ〔ヒヤウゴカウドウわくぐみ〕【兵庫行動枠組(み)】

平成17年(2005)に神戸市で開催された国連防災世界会議で採択された、以後10年間の国際社会における防災活動の基本指針。HFA(Hyogo Framework for Action)。
[補説]各国・国際機関が実施すべき防災施策の優先事項をまとめたもので、防災を優先課題とする強力な制度基盤の確保、災害リスクの特定・評価・観測・早期警報の向上などを挙げている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兵庫行動枠組
ひょうごこうどうわくぐみ
Hyogo Framework for Action

2005年から2015年までの防災行動に関する国際的指針。略称HFA。2005年(平成17)に阪神・淡路大震災の被災地である神戸市で168か国の代表などが参加して開かれた第2回国連防災世界会議(WCDRR)で、2015年までの10年間に、持続可能な開発の観点から災害に対するコミュニティの強靭(きょうじん)性を実現し、被害を軽減することを目的に採択された行動指針である。このなかで、以下の五つの優先事項が提示された。(1)国や地方で防災を、組織的、法的および政策的な優先課題とし、実行するための基盤を確保する。(2)災害リスクの特定や評価を進め、観測や早期警報を向上させる。(3)あらゆる防災知識を高めるため、知識管理と教育を活用する。(4)潜在的なリスク要因を軽減する。(5)事前の備えを強化し、緊急的に効果的な行動をする体制を強化する。
 これまでの国際社会の災害に対する援助や防災活動のあり方は、災害発生後の支援や復旧活動に重点が置かれてきた。しかし、自然災害が頻発するなか、人道的、経済的な側面からも、災害による社会的な影響が見過ごせない状態となっている。そのため、事前に災害を軽減する防災対策の重要性が認識されるようになった。HFAは、2004年12月に発生したインド洋大津波の甚大な被害を受け、世界的に防災に対する意識が高まるなかで、初めて策定された国際的な防災に関する指針である。
 2015年に仙台市で開かれた第3回国連防災世界会議では、この兵庫行動枠組の後継となる「仙台防災枠組」が採択された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫行動枠組(み)の関連キーワードCOMDEX神戸市外国語大学神戸市看護大学2005年日本国際博覧会神戸ルミナリエアーバンリゾートフェア神戸'93神戸全日本女子ハーフマラソンさかっち花フェスタ2005ぎふ神戸ビエンナーレ2011

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone