兵庫髷(読み)ヒョウゴワゲ

デジタル大辞泉の解説

ひょうご‐わげ〔ヒヤウゴ‐〕【兵庫×髷】

江戸初期から中期にかけて流行した女性の髪の結い方の一。髪をうなじの後方に集めて高く輪に結い、根元ねじ巻いて頂上に突き出させたもの。摂津兵庫遊女から始まったという。ひょうごまげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

兵庫髷【ひょうごまげ】

江戸時代の女性の髪形唐輪(からわ)の変形で,寛永(1624年―1644年)ごろ起こった。頭上に輪をつくり根に毛先を巻きつけたもので,輪が大きく縦長に結うものや小さくまとめるもの,(たぼ)をつけるもの,ひきつめるものなど種々の形がある。初めは遊女の髪形であったが,江戸中期以後一般の中年女性にも広まり,江戸末期には再び遊女の髪形となった。
→関連項目髪形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうごわげ【兵庫髷】

江戸時代の女の結髪法。兵庫の遊女が結いはじめたものという。髪を頭頂の後ろに集め、髪の根元を巻き上げ、頂上に高く輪を作ってつき出させたもの。時によりその形は異なるが、慶長(1596~1615)以来、広く行われた。ひょうごまげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょうご‐まげ ヒャウゴ‥【兵庫髷】

浮世草子好色一代女(1686)三「其時にかはり、兵庫曲(ヒャウゴマゲ)ふるし、五段曲も見にくし」

ひょうご‐わげ ヒャウゴ‥【兵庫髷】

〘名〙 女性の髪の結い方の一つ。髪をうなじのうしろに集めて結い、末端をねじ巻いて頂上に突き出させるもの。江戸時代、寛永(一六二四‐四四)の頃から始まり、立兵庫(たてひょうご)、横兵庫などの変形も現われ、数十年間大いに流行した。摂津国兵庫(兵庫県神戸市)の佐比江(さびえ)町の遊女が始めたところからの名というが、一説に、兵庫樽に形が似ているところからともいう。ひょうご。ひょうごまげ。ひょうごむすび。
※俳諧・口真似草(1656)一「兵庫にまかりて、築嶋の柳の髪やひゃうごわげ〈重明〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の兵庫髷の言及

【髪形】より

…この形の起りは諸説あるが,戦場で冑をかぶるおりに熱気がこもるためというのが定説になっている。
[近世]
 室町時代末期から桃山時代にかけての女性の髪形では,徐々に髪が結いあげられ,唐輪髷,兵庫髷など結髪の初期の形がみられるようになった。唐輪髷は野性味をおびた素朴な形に特徴があり,これにやや技巧を加えたのが兵庫髷であるが,これらは男髷の模倣で,おもに遊女が結い始めたものである。…

※「兵庫髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android