コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫髷 ヒョウゴワゲ

3件 の用語解説(兵庫髷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうご‐わげ〔ヒヤウゴ‐〕【兵庫×髷】

江戸初期から中期にかけて流行した女性の髪の結い方の一。髪をうなじの後方に集めて高く輪に結い、根元をねじ巻いて頂上に突き出させたもの。摂津の兵庫の遊女から始まったという。ひょうごまげ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

兵庫髷【ひょうごまげ】

江戸時代の女性の髪形。唐輪(からわ)の変形で,寛永(1624年―1644年)ごろ起こった。頭上に輪をつくり根に毛先を巻きつけたもので,輪が大きく縦長に結うものや小さくまとめるもの,(たぼ)をつけるもの,ひきつめるものなど種々の形がある。
→関連項目髪形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうごわげ【兵庫髷】

江戸時代の女の結髪法。兵庫の遊女が結いはじめたものという。髪を頭頂の後ろに集め、髪の根元を巻き上げ、頂上に高く輪を作ってつき出させたもの。時によりその形は異なるが、慶長(1596~1615)以来、広く行われた。ひょうごまげ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の兵庫髷の言及

【髪形】より

…この形の起りは諸説あるが,戦場で冑をかぶるおりに熱気がこもるためというのが定説になっている。
[近世]
 室町時代末期から桃山時代にかけての女性の髪形では,徐々に髪が結いあげられ,唐輪髷,兵庫髷など結髪の初期の形がみられるようになった。唐輪髷は野性味をおびた素朴な形に特徴があり,これにやや技巧を加えたのが兵庫髷であるが,これらは男髷の模倣で,おもに遊女が結い始めたものである。…

※「兵庫髷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone