コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田恵太郎 うちだ けいたろう

2件 の用語解説(内田恵太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田恵太郎 うちだ-けいたろう

1896-1982 昭和時代の魚類学者。
明治29年12月27日生まれ。朝鮮総督府水産試験場技師をへて,昭和17年九州帝大教授。同大付属水産実験所所長。魚類の生活史の研究で知られた。昭和57年3月3日死去。85歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「稚魚を求めて」「さかな異名抄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田恵太郎
うちだけいたろう
(1896―1982)

魚類学者。東京に生まれる。1922年(大正11)に東京帝国大学農学部水産学科を卒業し、同大学講師、朝鮮総督府水産試験所技師を経て、1941年(昭和16)に九州大学教授として同大学農学部水産学科に転じた。幼少のころから魚の生態に興味をもち、長じて、稚仔魚(ちしぎょ)の発育や変態などの研究で新しい分野を開拓。その成果は、1970年(昭和45)ごろから発達した栽培漁業の種苗生産技術の基礎となった。『朝鮮魚類誌』『魚類・円口類・頭索類』『稚魚を求めて』などの著作がある。[落合 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内田恵太郎の関連キーワード今村豊児玉作左衛門ジョーダン蒲原稔治末広恭雄田中茂穂丹羽弥畑中正吉松原喜代松魚類学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone