コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写し絵 ウツシエ

デジタル大辞泉の解説

うつし‐え〔‐ヱ〕【写し絵】

景色や人物などを描き写した絵。写生画。
「是は誠の鯉、―とはさらさら思はれず」〈浄・双生隅田川〉
映し絵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつしえ【写し絵】

描き写した絵。 「はあ、これは誠の鯉、-とはさら〱思はれず/浄瑠璃・双生隅田川」
似顔絵。写生画。 「お僧の-なるぞ/読本・春雨 樊噲

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

写し絵
うつしえ

動く幻灯のこと。江戸の寄席(よせ)芸人として著名な、うつしゑ都楽(とらく)が創始者である。享和(きょうわ)(1801~04)のころに都楽が、オランダのエキマン鏡という眼鏡を種にしてビードロ(ガラス)に彩色の絵をかき、自由自在に動かして見せたことが『武江年表』にみえる。関根黙庵(もくあん)著『講談落語今昔譚(たん)』には、都楽の最初の寄席出演が1803年(享和3)3月で、写し絵が大評判となり、1852年(嘉永5)に73歳で没したことが記されている。写し絵や影絵は江戸時代の大衆芸能としては異色のものだが、明治時代には両川亭船遊(りょうかわていせんゆう)、玉川文楽などがその芸を継承し、2代目玉川文楽は写し絵の伝統を昭和の時代にまで伝えた。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

写し絵の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)結城 孫三郎(9代目)うつしちゃ絵(え)!アニメーション映画のぞきからくり小林 源次郎大塚 甲山結城孫三郎富士松魯中小林源次郎両川亭船遊内山珠希広告批評玉川文楽人形劇写生画紙芝居色物春雨影絵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

写し絵の関連情報